一戸建て

戸建て外壁塗装の実例デザイン9選|メンテナンス時期・期間・費用

公開日: 最終更新日:
no21_1adobestock_496261025

外壁塗装は家の美観はもちろん、住まいを守る重要な役割をもっています。

しかし、普段あまりじっくりと見ることのない部分だけに、傷みや劣化に気が付かないまま放置してしまうケースも少なくありません。

家を長く維持するためには、何年でどのようにメンテナンスするのが最適なのでしょうか。

本記事では、戸建て外壁塗装の理想的なメンテナンス時期までの年数、工事期間、工事費用の相場を紹介。神奈川県における外装塗装や屋根を含めた外壁デザインの実例を9選紹介します。

外壁塗装の初心者の方にも分かりやすく、プロ監修の情報を解説します。自宅の外壁リフォームにぜひお役立てください。

監修者 海沼 仁(カイヌマ ヒロシ)

【経歴】
ウスイホーム株式会社 取締役。

大学時代は不動産評価論を専攻。
卒業後、1997年にウスイホーム株式会社入社。売買仲介部門の新人賞を受賞。
2001年、新店の上大岡店店長に就任。以降、各店店長を歴任。特に新店舗の立ち上げを得意とし、後にエリアマネージャーに抜擢される。
2012年より取締役に就任。主に横浜、湘南エリアでの商圏拡大に尽力している。

地域貢献活動にも力を入れ、2021年には創業45周年を機に、SDGs推進に取り組む「ウスイグループSDGs宣言」を制定。
地域密着型営業で築き上げてきた不動産業界のキャリアと実績から、顧客の信頼も厚く、幅広い人脈を持つ。著名人・有名人からの相談や紹介も多い。

【資格】
宅地建物取引士
CPM(米国不動産経営管理士)
日本RSP協会 不動産仲介士 試験問題監修委員

戸建ての外壁塗装の寿命年数とメンテナンスの時期とは?

外壁塗装の一般的な寿命年数はおおよそ10〜15年とされており、これを目安にメンテナンスを行うことが重要です。

戸建ての外壁が劣化する主な原因として、雨風、太陽光からの紫外線や熱などが挙げられます。外壁は日々、過酷な環境に晒され続けており、ぱっと見ただけでは分からないような部分も含めて、年月とともに劣化していくのです。

メンテナンスの具体的な時期は、新築後、または前回の外壁塗装から8〜10年目くらいでメンテナンスの計画を立てはじめ、遅くとも15年以内にはリフォームを完了させることをおすすめします。

戸建ての外壁塗装のリフォーム費用は?

一般的な3LDK〜4LDK、建物の面積が約100㎡前後の2階建て戸建て住宅を例として解説します。

  • 外壁塗装のリフォーム費用の相場
    100万円〜150万円前後
    一般的に含まれる主なリフォーム工事内容は、「足場代」「高圧洗浄作業」「外壁塗装」「コーキング(シーリング ※)補修」などです。
  • 外壁塗装+屋根の塗装を含めたリフォーム費用の相場
    150万円~180万円前後
    屋根のリフォームも同時に行う場合は、約30万円〜50万円の追加費用がかかります。

外壁と屋根の塗装を同時に行うことで足場設置などの共通費用が一度で済むため、最終的な費用を節約できます。可能であれば、外壁と屋根の塗装は一度に行うことをおすすめします。

また、耐久年数が長い塗料など使用する塗料によってはリフォーム費用が増すことがあります。外壁塗装の資金計画は、中長期的な視点がポイントです。 

※コーキング(シーリング)とは、外壁と窓枠との隙間や、壁材(サイディングなど)同士の隙間を埋めるゴム状の柔らかい素材部分をいい、建物の防水性を高めるといった役割を果たします。

戸建ての外壁塗装のリフォームにかかる期間は?

戸建ての外壁塗装にかかるリフォーム期間は、一般的な戸建て住宅の場合で約10〜14営業日(2〜3週間)程度です。しかし、実際に外壁塗装の計画を立てる際には、余裕を見て1カ月程度の期間を見積もると安心です。

主な理由として、雨の日は外壁塗装の工事ができず、塗料の乾燥から定着までも日数がかかることがあるためです。とくに、雨が多い6月や9月などは工期が延びる傾向です。

また、繁忙期には職人が他の現場と同時進行で作業するケースもあるため、工事をしない日が出てくることもあります。

戸建ての外壁塗装のメンテナンスをしないとどうなる?

定期的な外壁塗装のメンテナンスが遅れると、外壁の劣化が進み住宅の寿命が短くなる可能性が高まってしまいます。どのようなトラブルが起こる可能性があるのか解説します。 

外壁の劣化やひび割れによる内部への浸水

外壁の塗装は紫外線や雨風の影響を受け続けると、外壁材(サイディング・磁器タイル・モルタルなど)の部分に、ひび割れやチョーキング(白い粉が浮く)といった劣化が生じ、防水・防塵性能が低下します。

その結果、壁内部に雨水が浸入しやすくなって、内部の木材や断熱材が傷んだり、カビの発生や腐食してしまうケースもあります。

こうした状況は戸建ての寿命を縮める原因になるため、定期的な外壁塗装のメンテナンスが非常に重要といえるのです。 

コーキング(シーリング)剤の劣化による傷み

時間の経過と共にこのコーキング剤も劣化し、ひび割れが起きたり防水機能が低下します。このような劣化したコーキング(シーリング)の隙間から、雨水が住宅内部にまで浸入するケースは少なくありません。

コーキング(シーリング)も含めた外壁メンテナンスを行うことが、家を長持ちさせるのに必要不可欠といえるでしょう。 

鉄やアルミなど金属部分のサビ  

神奈川県の湘南地域のように海に近いエリアでは、塩害が住宅の外壁などに深刻な影響を及ぼします。

塩害とは、海からの塩分が含まれた風などによって建物に影響を与える現象をいい、とくに金属部分にサビなどの被害をもたらします。

アルミ製の雨戸や金属製のベランダなど、外壁の金属部分はサビやすく、外観の見た目の美しさを損なうだけでなく、強度の低下にもつながるため、定期的なメンテナンスと防サビ処理は必須です。

日常的に自分たちでできるメンテナンスとしては、こまめに水掃除を行うこと、定期的に防サビ塗装を行うことです。しかし、目に見えない強度の低下といった懸念があるため、8年から10年に一度はプロによるメンテナンスを受けることをおすすめします。

色あせ・雨跡・コケなどの発生    

外壁の色あせやコケ、雨跡、換気扇周辺の汚れなどは、戸建て住宅の外観を損なうのはもちろんですが、外壁劣化の兆候ともとらえることができます。

たとえば、色あせなどが起きている外壁部分は塗装の劣化が進行していることが多いです。湿気が多い場所に発生するコケのある部分は、外壁や外壁内部の湿度が高くなり外壁の傷みが進行しやすい場所といえます。

外壁の劣化を放置すると、住宅の内部の強度や性能にも影響を及ぼすため、早めの対策と定期的なメンテナンスが重要なのです。 

神奈川県の外壁塗装リフォーム実例9選

外壁塗装のリフォーム実例について、工期・工事費用とともに9選を紹介します。新築戸建てを検討中の場合も、色の違いなど自分たちのイメージにはどれが近いのか具体的にイメージしながら見ていきましょう。 

※外壁リフォームにかかる費用は、選ぶ塗料や素材、家の状態、地域などの条件によっても変わります。ここでの事例はひとつの目安として参考にし、実際の費用は見積りなどで確認しましょう。

真っ白な外壁と黒いシックな屋根とのコントラストが印象的な戸建て

真っ白な外壁と黒いシックな屋根とのコントラストが印象的な戸建て

●費用 150万円前後(外壁塗装と屋根 ※)
●工期 1カ月ほど(※)

・モルタル仕上げの真っ白な美しい外壁が印象的な戸建て。 
・新しく塗装した黒い屋根とのコントラストがスタイリッシュで高貴な印象に。
・外構も含めた計画で、統一感のある戸建てに。

▼神奈川県逗子市の外壁塗装のリフォーム事例はこちら▼
神奈川県逗子市のリフォーム事例:増築工事と同時に行い工費の節約に 

※このリフォーム工事はキッチンなど内装リフォームも同時施工した事例で、総額は250万円、総工期は4カ月です。

ツートンカラーでかわいい&落ち着いた印象の外壁

ツートンカラーでかわいい&落ち着いた印象の外壁

●リフォーム費用 100万円前後(外壁塗装 ※)
●リフォーム工期 1カ月ほど(※)

・ベージュとブラウンのツートンカラーでモダンで落ち着いた雰囲気の戸建てに。
・ピンクの外壁とのコントラストでかわいい+シックでモダンな印象へ。
・玄関ドアや玄関など、大きなリフォームと同時に計画したことで、足場代や工期を減らすことが可能に。

▼神奈川県横浜市の外壁塗装のリフォーム事例はこちら▼
100万円台でかわいいとモダンを兼ね備えた戸建てへリフォーム 

※このリフォーム工事は玄関、窓、バルコニーのリフォームも同時施工した事例で、総額は152万円、総工期は3カ月です。

明るいミントグリーンと白のコントラストでさわやかな洋風外壁 

明るいミントグリーンと白のコントラストでさわやかな洋風外壁 

●リフォーム費用 150万円(外壁塗装)
●リフォーム工期    2週間 

・明るい水色と白い窓枠とのコントラストでさわやかな印象の戸建てに。
・木製の玄関ドアがアクセントとなり温かみを演出。
・外壁や窓、シャッターの色など、統一感のある色使いが家の魅力をアップ。


▼神奈川県横須賀市の外壁塗装のリフォーム事例はこちら▼
150万円、2週間で家のイメージを一新、新築のような仕上がりに 

シンプルで機能的な和風モダン

シンプルで機能的な和風モダン

●リフォーム費用 170万円(外壁塗装と屋根)
●リフォーム工期 1カ月

・外壁とベランダを同じモルタル素材で仕上げ統一感のある家へ。
・リフォーム工期は1カ月で完了。劣化した外壁や木部部分のはがれなども同時にリフォーム。

・和風の瓦屋根から自然災害に対する耐久性も高いコロニアル屋根へ

▼神奈川県横須賀市の外装塗装リフォーム事例はこちら▼
伝統的な和風家屋からナチュラルな印象の和風モダン戸建てへ

断熱・遮熱・保温・防音効果が期待できるガイナ塗装       

断熱・遮熱・保温・防音効果が期待できるガイナ塗装

●リフォーム費用 139万円(外壁塗装)
●リフォーム工期 2週間

・ガイナ塗装は通常の塗料より割高だが、断熱・遮熱機能・保温機能があり、暑さ寒さを軽減。遮音・防音効果、結露を抑える機能も期待できる。
・次回塗装までの期間が通常塗装より長く、家に耐久性をもたらすためコストパフォーマンスがよい。
・落ち着いたベージュを選択することで、飽きのこない長く住める家へ。


※神奈川県横須賀市の外装塗装のリフォーム事例です。

明るく印象的な色使いでおしゃれな外壁

明るく印象的な色使いでおしゃれな外壁

●リフォーム費用 120万円(外壁塗装)
●リフォーム工期 ーー

・1階は明るい茶色+2階は優しいクリーム色のツートンカラーで個性的な印象に。
・窓枠などブラウンカラーと外壁の色の相性がよく、クラシカルで落ち着いたおしゃれなたたずまい。
・サイディングのコーキングも新しくしたため、雨の侵入からしっかり守ってくれる。

※神奈川県横浜市の外壁塗装のリフォーム事例です。 

シリコンウレタン塗料で外壁も屋根も塗装

シリコンウレタン塗料で外壁も屋根も塗装

●費用 117万円(外壁塗装)
●工期 3週間

・クリーム色の外壁は耐用年数が10〜12年と比較的長いシリコンウレタンで塗装。
・ところどころ剥げていた屋根もシリコンウレタンで同時にリフォーム。美しく、耐久性のある屋根に。


※神奈川県横浜市の外装塗装リフォーム事例です。

高級感ある外壁へリフォームして格調ある戸建てへ 

高級感ある外壁へリフォームして格調ある戸建てへ 

●費用 150万円前後(外壁塗装と屋根 ※)
●工期 1カ月ほど(※)

・洋風な外観にしたいとのご希望から、モルタルの外壁をサイディングに張り替え。
・高級感のあるレンガ風のサイディングが家全体に格調を与えている。
・外壁の工事とともに、屋根と塀、門を塗り替え、雨樋を白からブラウンに交換。


※神奈川県横浜市の外装塗装・屋根塗装などのリフォーム事例。このリフォーム工事は玄関周りのリフォームも同時施工しており、総額は220万円です。 

増改築の大幅リフォームと同時に理想の外壁へ

増改築の大幅リフォームと同時に理想の外壁へ

●費用 150万円前後(外壁塗装と屋根 ※)
●工期 1カ月ほど(※)

・シンプルな白と印象的な明るい色のサイディングとの2色のコントラストで、おしゃれな外壁リフォームが実現。
・外壁塗装のメンテナンスを大型リフォーム工事と同時に行うことで、家全体をトータルコーディネートするデザインが実現。

※神奈川県横須賀市の外装塗装のリフォーム事例。このリフォーム工事はキッチンなどの内装、玄関、外構などフルリフォームを施工しており、総額は550万円、総工期は2カ月です。

おすすめ記事:【実例6選】新築・中古戸建ての外観|おしゃれ・モダンなデザインに仕上げる方法

戸建て外壁塗装は美観も耐久性も大切に選ぼう

戸建ての外壁は、塗装する色や素材の違いで、印象が大きく変わります。

自分たちにとって魅力を感じる外壁の色や素材、デザインを選び、理想的な戸建ての外壁を検討しましょう。

また、戸建ての外壁を考える際は、見た目の美しさだけでなく、内部の木材や断熱材を雨風や熱などから守る大切な役割をもっていることを忘れてはいけません。

中古戸建て・いま住んでいる家のリフォームはもちろん、新築戸建てで外壁材を選ぶ際も、10〜15年先にくるメンテナンスも含めた中長期的な視点で、耐久性や性能面について十分に検討し理想の外壁・外壁塗装を目指しましょう。 

▼上記でご紹介した以外のリフォーム事例は、こちらからご覧ください▼
横浜・湘南・横須賀の新築戸建て・中古戸建て・リフォームならウスイホーム

執筆者 ウスイホーム株式会社 広報チーム
1976年に神奈川県で創業。お客様と地域の発展のため、住宅に係わるあらゆるお手伝いをさせて頂いております。長年にわたり蓄積してきた知見を活かし、新築戸建てや中古戸建てを検討・購入する際に役立つ最新情報を発信しています。
お問い合わせURL https://www.usui-home.com/contact

関連記事